トップ >  各幼稚園の特徴

美鳥第二幼稚園

美鳥第二幼稚園の目標

美鳥第二幼稚園 ―目標―

  • 明るくいきいきとして挨拶のできる子供
  • 自分でできることは自分でする
  • 友達と仲良く遊び、思いやりのある子供
  • よく見て、よく考えて、やりとおす子供

この幼稚園は、我が家から最も近いところにあります。
そして、最大の特徴は、動物をたくさん飼っていること。

どうやら、園長の息子さんが獣医らしく、
衛生面、安全面ではしっかり行き届いているそうです。

動物の飼育や植物の栽培にも力を入れ、
命の尊さや思いやりを身につけます。

また、行われている教育としては、
英語や体操などがあります。

パソコンの教室もあると聞いたことがありました。

美鳥第二幼稚園の印象

自由保育と言うよりは、教育熱心な幼稚園だという感じを受けました。
ただ、うわさによると、「自由な幼稚園だよね」と言う人もいるそうです。
決して少人数制ではないので、自由な印象も受けるかもしれないですね。

この幼稚園は、親が参加する行事が多いらしいです。
もちろん仕事をする親のために、延長保育もあるのですが、
運動会や遠足はもちろんのこと、英語教室も親子で参加する授業があるらしいです。

仕事をしている親にとっては、少し大変かもしれません。

この幼稚園にも何度か足を運びましたが、
雰囲気はとても良かった出す。

「第二」というだけあって、もう少し離れた場所に、美鳥幼稚園があります。
受け入れ人数も多く、私たちの市のほとんどがこの幼稚園に通っていると言ってもおかしくないです。

未就園児の教室は、幼稚園の本館から少しだけ離れた別館にあるので、
本館の様子を伺うことはできなかったのですが、
外観からしても、子供が好きになりそうな、かわいらしい園で、
常に清潔に保たれている感じでした。

先生は、若い先生が多く、子供を安心させるために、
園児が登園したら、一人ひとりにハグ(抱きしめる)をするそうです。

子供にとっては、そんな先生とのスキンシップは本当に楽しみだと思います。
「先生はちゃんと○○ちゃんのことを見てるよ。」
と安心感と信頼関係が生まれて、とても大切な行為だと思います。

園児も多いので、友達もたくさんできるし、
集団生活にもなれ、協調性が身につく幼稚園だと感じました。

スポンサードリンク

 

< いちのくた幼稚園

[ 幼稚園・保育園の選び方のトップへ ]