トップ >  幼稚園を選ぶポイント

幼稚園にかかる費用

幼稚園の費用

幼稚園にかかるコスト 幼稚園の費用に対して、保育内容が見合っているか?

幼稚園の費用と言うと、
保育料、教材費、制服代、給食代、バス代などが挙げられますが、
正直、同じ地域では、そんなに大きな差はないようです。

それでも、月々かかる数万円の幼稚園費用。
できるだけ安く済ませたいし、他より高いのなら、それなりの理由がほしいですよね。

保育料

私が住む市では、保育料は大体2万円前後
保育料は施設者が独自決めるので、
私たちの知らないもっと細かい内容から金額が決定してくると思います。

幼稚園教諭に支払う給料もありますし、
電気・水道・ガスなどの光熱費など、
幼稚園という施設を使用するためにかかってくる費用も、
授業料とは別に、保育料として含まれてきています。

教材費

教材費は、大体1万円強くらいですが、
ある幼稚園だけは3万円近くもします。他の園に比べて倍以上違ってきます。

「こんなに高いの?!」と初めはびっくりしましたが、
その幼稚園は、使うものほとんどすべてが、みんな同じものなんです。

幼稚園の中には、
クレヨンや鉛筆、筆箱など、自分で準備しなければならないところもありますが、
教材費が高いところは、ある程度のものがそろっていると考えていいと思います。

制服代

制服代も、値段の高いところは、上から下まで指定のものと決まっているところが多いです。
幼稚園によって、靴下は白であればなんでも良かったり、靴も自由なところもありますが、
靴下から靴からすべて指定というところもあります。

靴下や靴くらい好きなものを履かせてあげたいと思う親もいるでしょうし、
指定にしてくれたほうが、みんなが同じものなので、
子供が次から次へ「○○ちゃんと同じ靴がほしい!」ということもなくなって
助かる親もいると思います。

給食代

給食代は、月々5,000円以内のところが多いのですが、
週に何日かはお弁当持参の幼稚園は、それなりに安くなっていますし、
毎日給食のところは、給食費も少し高くなります。

幼稚園によっては、調理室が設けられているところもあり、
子供のアレルギーを考えた給食を作ってくれたりします。

私の意見としては、
少し高いお金を払ってでも、バランスとアレルギー対策が万全な幼稚園で
給食を食べてもらいたいなと考えています。

幼稚園の内容が保育内容に見合っているか

せっかく高いお金を払って幼稚園に通わせるのであれば、
自分の教育方針と幼稚園の教育方針が合っていて、
子供も楽しく通ってほしいですよね。

他より少し高いのであれば、どんな教育をしてくれるのか、しっかり把握して、
納得しておいたほうがいいと思います。

逆に、安くても、いい幼稚園もたくさんあると思います。

自由保育中心の幼稚園は、
教育熱心の幼稚園に比べて少し安い印象を受けました。

それでも、子供がのびのびと元気に楽しく通ってくれるのであれば、
それは正しい選択をしたと言えるでしょう。

高い幼稚園なら、ひとつでもいいので、他の幼稚園では得られなかった何かを得てほしい。
そんな風に思います。

子供のために幼稚園選びをするとき、
どうしても、費用が気になってしまいますよね。

大金持ちの家庭なら別ですが(笑)、
経済的につらいから、できるだけ安い幼稚園に入れる人もいれば、
共働きしてでもいい幼稚園に入れたいと考える人もいます。

理由は様々ですが、
費用と、教育内容をちゃんと確かめて、
納得した上で、幼稚園を決定しましょう!

スポンサードリンク

 

< モンテッソーリ教育とは? 先生と園児はコミュニケーションが取れているか? >

[ 幼稚園・保育園の選び方のトップへ ]