トップ >  基礎知識

ソフロロジー式分娩のトレーニング

リラックスしてイメージトレーニング

ソフロロジー方式のトレーニングでは、
リラックスするための呼吸法を取り入れたイメージトレーニングを行います。

ソフロロジー方式を導入している産院では、
母親学級でエクササイズやお産のための予備知識も学習するようですが、
自宅でのイメージトレーニングが占める割合が多く独学でも習得可能です。

私が行ったトレーニングを紹介します。
毎日、約30分のCDを聴きながら、ひたすらイメージトレーニングを行いました。

21世紀のポジティブ出産法 教材は『21世紀のポジティブ出産法(文芸社出版)』
『イメージトレーニングのためのテルプノスロゴス(CD)』です。

CDに収録されたBGMはヒーリングのような穏やかな音楽と、
途中には鳥の鳴き声など自然の音が入り、
とてもリラックスできるものです。

それにテルプノスロゴスといわれる単調なリズムの言葉が乗せてあり、
呼吸の仕方の説明やこんなものをイメージしましょう!
といった指示が入ります。

ソフロロジートレーニングの実際

具体的には、まず姿勢を整え意識的に筋肉を緩めます。

そしてゆったりとした呼吸をし、
自分が過去にリラックスした経験を思い浮かべたり、
お腹の中にいる赤ちゃんをイメージしたり、
何年後かのわが子をイメージしたりしていきます。

そして後半にはいよいよ陣痛がきて、
赤ちゃんが産まれ出ようとする場面をイメージします。

陣痛は赤ちゃんが産まれる為の大切なエネルギーであり、
お母さんは赤ちゃんを助けるためになるべくリラックスして、
酸素をたくさん送ってあげましょう」と潜在意識に刻み込みます。

このイメージトレーニングは、
眠りに落ちる間際の意識段階で行うことが効果的で、
潜在意識に刻み込まれたそのイメージは、
実際のお産の場で甦り効力を発揮するのだそうです。

ちなみに、私はトレーニングの最中に、
本当に眠ってしまったことが何回もありました。

スポンサードリンク

 

< ソフロロジー方式とは? ソフロロジー出産のメリット >

出産準備アイテムリスト

[ ソフロロジー式分娩のトップへ ]

サイト内検索

当サイト情報