トップ >  基礎知識

ソフロロジー出産のメリット

お産の「痛み」を最小限に

ソフロロジー方式のメリットとして、
「痛み」の感じ方をかなり軽減できるというのが一番だと思います。

お産はどうしても痛いものです。
「痛み」自体は物理的にどうしようもないものですが、
その感じ方はその人次第です。

例えば、注射は誰にとっても「痛い」もので、
出来ることならしたくないと思います。

でも、もし「この注射一本でお肌が十年若返る」
といわれたらどうでしょうか?

女性だったら、「それなら喜んで!」と、
「痛み」を受け入れることが出来る人も多いのではないかと思います。
結果にワクワクして「痛い」事を忘れてしまうかもしれません。

ソフロロジー出産のメリットとは? また、人は不安や恐怖を感じると体を固くしてしまうものです。

その結果、お産の場面では子宮が固くなり、
赤ちゃんは窮屈で酸素が不足するし、
お母さんは赤ちゃんに子宮を無理やり押し広げられて
さらに痛い思いをするのです。

事前のイメージトレーニングで不安や恐怖を取り除いておくと、
リラックスしてお産に臨むことができ、
無用な痛みを軽減できます。

やわらかい産道を赤ちゃんがゆっくり下りてくれば、
会陰の裂傷は少なくてすみ、痛みが減るだけでなく回復も早くなります。

出産の痛みを軽減する効果

このように、ソフロロジーは実際の「痛み」を軽減することが出来ます。

また、リラックスをしているのでお産が長時間になっても
母子共に疲労が少なくてすみます。

私の場合、陣痛が始まってから約30時間後の出産でしたが、
酸素マスクをつけることも無く、
赤ちゃんもきれいなピンク色で産まれてきてくれました。

ソフロロジーをやっていたおかげで、長い陣痛の間も
しっかり赤ちゃんに酸素が送られていたのだと思います。

ソフロロジーのメリットはまだまだあります。
妊娠期間を楽しく過ごせるだとか、育児にすんなり入れるとか、
物事をポジティブに受け入れられるとか・・・

きっと、お産以外の場面でも役立つ事がたくさんあると思います。

スポンサードリンク

 

< ソフロロジー式分娩のトレーニング ソフロロジー方式のデメリット >

出産準備アイテムリスト

[ ソフロロジー式分娩のトップへ ]

サイト内検索

当サイト情報