トップ >  妊娠中期・後期

出産の恐怖を克服する!

どんなに痛くても、赤ちゃんに逢いたい

妊娠中は時間がたっぷりあったので、
よく妊婦さんの掲示板などをのぞいていました。

赤ちゃん用の産着とか寝具とか揃え終わった妊娠後期になると、
出産への不安の声が多く見られるようになります。

分娩の痛みはどれくらいなのかとか、
分娩後の痛みはどれくらいで治まるのかとか・・・。

そして、その不安をあおるように経産婦さんの書き込みがあり、
ますます恐怖に陥る感じです。

もちろん、経産婦さんもイジワルではなく、
ありのままの経験談を書かれるのですが。

しかし、私は「どんなに痛くても、赤ちゃんに逢いたい」
という気持ちが強くなっていたので、
あまり不安にはなりませんでした。

ソフロロジーのイメージトレーニング効果

ソフロロジー分娩式の効果 ソフロロジーのイメージトレーニング
毎日の赤ちゃんへの語りかけの成果です。

この頃になると、お腹の外から赤ちゃんの形が
ちょっと分かるようになるので、
蹴ってきた赤ちゃんのかかとを捉まえてみたり、
大きいお腹を抱き上げてみたり、
なんとなくスキンシップみたいなことも図れます。

検診の時のエコーで見るぼんやりした輪郭や、
お腹の動きから「どんな顔をしてるんだろう」と想像すると、
楽しみでしょうがありません。
だから、分娩の恐さなど二の次。

お腹の中での成長は産まれてからの7倍の速度らしいので、
「早く逢いたいけど、もう少しお腹の中で大きくなってね」
と自分と赤ちゃんに言い聞かせて臨月を待つ毎日でした。

スポンサードリンク

 

< ソフロロジー式の命名法? 出産予定日と希望日 >

出産準備アイテムリスト

[ ソフロロジー式分娩のトップへ ]

サイト内検索

当サイト情報