トップ >  事前にこれだけはチェック

産婦人科に必ず事前相談

産婦人科に必ず事前相談

産婦人科の医師に相談しよう! マタニティスイミング及びスポーツは、医師の許可なしではできません。
少しでも不安がある場合は産婦人科の先生に相談しましょう。

ドラぽんは妊娠中の定期健診の超音波診断で、
「やや前置胎盤ですね」と診断されました。

2006年9月に悠仁さまを出産された皇室の紀子さまが、
確かこれと同じ状態だったので記憶に新しいと思います。

結局、帝王切開されたのでしたね。

胎盤は普通、子宮の上のほうにできますが、
これがなんらかの原因で子宮の下のほう(子宮口近く)に、
できてしまう状態を前置胎盤といいます。

マタニティスイミングで前置胎盤が治る

しかし、マタニティスイミングを始めてしばらくして検診を受けたら、
胎盤は正常な状態に治っていました。

もちろんすべてスイミングのおかげというわけではないでしょうが、
あまり精神的にクヨクヨせず、積極的に身体を動かし、
前向きに考えたこともよかったのだと思います。

逆子も自然に治る場合も多いと聞きます。
スポーツを始める前にまずは産婦人科の先生に従い、
お母さん自身がリラックスして身体を大切にしましょう。

スポンサードリンク

 

< マタニティスポーツを始めるタイミングは? マタニティスイミング実施先の条件 >

マタニティ水着

[ マタニティスイミングのトップへ ]