トップ >  カリキュラム

まず自分の体調や感染症をチェック!

マタニティスイミングに出かける前に体調チェック

ドラぽんが通っていたスイミングスクールは、
週に3回練習がありました。

普段ドラぽんは仕事が割りと夜遅かったので夜型人間でしたが、
マタニティスイミングは午前中にありますので身体を朝型にするいい機会になりました。

多少体調が悪くてもプールに入ると一日の調子が良くなる、
なんて日もありました。

しかし、プールに入る前に必ず当日、自分の身体がどんな状態か?
ということを把握しておく必要があります。

マタニティスイミングの日は体調チェック 出血があったりお腹が張ったり緊張したりしている時は、
もちろんプールに入ってはいけません。

他にも頭痛やめまい、寒気、腹痛、下痢。
くしゃみ、鼻水、のどの痛みなど風邪のような症状がある時もいけません。

重要なのは普段は見過ごすような些細な体調不良も、
妊娠中は無理は禁物だということです。

妊娠中のトリコモナスやカンジタに注意!

睡眠不足、顔色が普段より悪い、階段の上り下りに息切れがする、
身体に怪我をしている。

また、皮膚病にかかっている、トリコモナス・カンジタ等の治療を受けている時。
このような場合もプール禁止です。

トリコモナスとは感染症の一種で、
外陰部に強いかゆみと緑がかった色のオリモノが特徴です。

カンジタは正確にはカンジタ膣炎といい、
妊娠中でなくとも身体の抵抗力が弱まった時にかかる場合もあります。

妊娠中は膣に菌が増殖しやすくなりますのでかかりやすくなります。
カンジタは真菌というカビの一種が原因。

白くチーズのようなポロポロとしたオリモノが出て性器に強いかゆみを感じます。
薬などですぐ治りますが再発しやすいので注意が必要です。

シャワーや入浴、下着をまめに取り替えるなど普段に増して清潔を心がけましょう。

スポンサードリンク

 

血圧、脈拍、体重チェック >

マタニティ水着

[ マタニティスイミングのトップへ ]