トップ >  カリキュラム

呼吸法の指導

呼吸法の効果

呼吸法を学ぶ効果とは? 呼吸法の効果は大きく分けて3つあります。

その1つ目は、
深く呼吸することで血液中に酸素をたくさん取り入れることができるので、
赤ちゃんに新鮮な酸素をたっぷり送ってあげることができるということ。

産道を下りようとしている赤ちゃんを楽にしてあげることができ、
お母さんも代謝がよくなります。

2つ目は呼吸のリズムに意識を集中させることで陣痛を和らげたり、
痛みの緊張をほぐしてくれます。

身体に余計な力が入らないようにすると産道が柔らかくなり、
子宮口が開くのを助けてくれます。

カリキュラムでは「ヒッヒッフー」という呼吸のラマーズ法をはじめ、
力を部分的に入れたり力を抜いてリラックスしたりなどさまざまな呼吸法を指導してくれます。

ドラぽんは陣痛が来た時、あまりの痛みのため全身がこわばり、
歯の根が合わなくなってガチガチになってしまいました。

痛みがあるというのは陣痛の波がうまくやってくるのでいいことなのですが、
(陣痛微弱だと痛みの波がこないため、陣痛促進剤を打たなくてはいけないので)
この時、「フー、ウン」「フー、ウン」ととにかく息を吐いて力を抜くように努力しました。

まさに、この呼吸法指導のたまものだと思います。

そして呼吸法効果の3つ目は、
出産前からお産をイメージして練習することで実際の出産時の予行演習になることです。

出産時の痛みの感じ方は個人差があり、腰が痛くなる人、
お腹が痛くなる人など、さまざまですが、
生理痛がある人なら腰周りの鈍い痛みが、
さらにさらにひどくなった感じと表現すればわかりやすいでしょうか。

「痛みがあるのはあたり前。でもどんな人も乗り切っているから大丈夫!」
と考え痛みが来たら呼吸を整え、力を抜くことに集中しましょう。

出産体験談

この呼吸法の指導時間が終わると、
ときどきマタニティスイミングを終えて出産した先輩ママさんから、
出産の体験談が手紙で送られてきて、
これを読む時間がありました。

数時間で産まれた人、何時間もかかった人さまざまですが、
皆さんが体験談で述べているのはスイミングをやっていたので出産時の体力がつき、
パニックにならなかったというもの。

水泳時の呼吸も息を吸ったりはいたりですが、
出産を意識して呼吸するのとはまた違います。

ドラぽんは先に述べたように力を抜いて、吐くことを意識しましたが、
実際は随分息を吸って吐いてしていたのですね。

途中喉が渇いて渇いて陣痛時は、
ずっとスポーツドリンクを飲みながら痛みに耐えていましたから。

スポンサードリンク

 

< 出産泳法ってどんなの? 水中座禅とは? >

マタニティ水着

[ マタニティスイミングのトップへ ]