トップ >  基礎知識

マタニティスイミングの服装は水着

マタニティ水着って必要?

マタニティ水着 マタニティスイミングでそろえなければいけないのは、
まず水着です。

マタニティウエアやベビー服などを売っている専門店、
または雑誌の通信販売などで買うことができます。

私はインターネットの通信販売で、
セパレートタイプの水着(新品)を¥6000くらいで買いましたが、
古着でも気にならないという人はヤフオクなどの、
インターネットオークションなどで検索してみることをおすすめします。

一定の期間しか使用しない人が多いので、新品同様の水着が数多く出品されています。

「少ししか使用しないんだし、手持ちの物で間に合わせるわ」という人ももちろんいると思いますが
私はきちんとマタニティ水着を着用する方がいいと思います。

スイミングを始める頃(4~5カ月頃)は、
まだあまりお腹が出ていないのでこれくらいなら…と思いがちですが、
7~8カ月くらいになるとぐんぐんとお腹がせり出してくるので水着がきつくなってきます。

水の抵抗でお腹だけペロリとめくれてしまうなんてことも。

マタニティ水着はお腹が大きくなることを想定して作られているので、
最初は多少大きめでも臨月あたりにはお腹の部分はパンパンになるはずですよ。
お腹の赤ちゃんもゆったり安心ですね。

セパレート?ワンピース?

水着はセパレートタイプ、ワンピースタイプと好みで選べますが、
トイレに行ったり着替えたりするのに便利なのは
上と下が別々になっているセパレートタイプです。

ひもでお腹周りの大きさを調整できるのも魅力の一つです。

それから女性ならではの悩みといえばむだ毛の処理ではないでしょうか。

妊娠中はホルモンのバランスが大きく変化するため
部分的に体毛が濃くなったり薄くなったりします。

気になるデリケート部分のムダ毛もセパレートタイプならショートパンツなので
それほど気にならないのではないでしょうか。

付属品も事前にそろえなければいけないの?

ゴーグルや帽子などはわざわざ事前に買う必要はないと思います。

それぞれの施設によって規則が異なるはずですので必要かどうかを
マタニティスイミングを始める際に各施設に問い合わせてみた方がいいでしょう。
施設によってはそこで直接購入することもできるはずです。

スポンサードリンク

 

< マタニティスイミング日本全国どこがさかん? 妊婦水泳の専門用語集 >

マタニティ水着

[ マタニティスイミングのトップへ ]