トップ >  待望のご対面!ドタバタ出産記(全7話)出産体験談Vol.11~20

陣痛とおしるし

出産予定日1ヶ月半前に実家に里帰りしたマッチ。

検診の際、いつもいつも大きいといわれたにもかかわらず、
まったく下りてきてないベビー。

マッチのベビーは37週の時点で3000弱。
もういつ産まれてもおかしくなく、予定日までに産まれてこないと、
誘発で無理やり出さなきゃいけなくなってました・・・。

そんな矢先・・・。

-38週5日 0:40-
うとうとしていた時にそれは起こりました。

久々に感じた、生理痛のようなお腹の痛み。
はっと目が覚めて、しばらくすると治まりました。

なんだ今の・・・・・・もしかして!!
とりあえず時間だけ見ておこう。

と思ったはいいけど、またそのままうとうと・・・。

10分後、予想通り同じ痛みが。

それまで前駆陣痛なるものがなかったもんで、一発で分かりました。
本物の陣痛・・・。

それと同時に尿意を催して、起き上がってトイレに行こうとして一歩踏み出した瞬間!!
股が一気にあたたかくなった。

「・・・え??」

さすがにそれには驚いてしまい、あわててトイレで確認。

出血していました。おしるしです。
しかしそれにしては量が多くて・・・破水も一緒??

いきなりの展開で困惑した私は、1階にいた実母にそれを話しました。
とりあえず病院に連絡してみろと言われ、病院に電話して状況を説明。

聞いた限りだと判断できないので、入院の準備をしてこちらに来てもらえますか?」
と言われまして、入院用のバッグを持って、実母に送ってもらって病院に向かうことに。

外で車を回している時、私は空を見ました。
実家は田舎なので、とにかく空気は澄んでいます。
雲ひとつない、満天の星空でした。

旦那は車で1時間の自宅で、当然ながら就寝中。
留守電とメールで病院に行くとメッセージを残し、マッチの初めての出産劇は幕開けです。

スポンサードリンク

 

本格的な陣痛の始まり >

出産準備アイテムリスト

[ 出産準備のトップへ ]

カテゴリー

サイト内検索

当サイト情報