トップ >  二人目の帝王切開

1回目の帝王切開の傷跡がケロイド

2度目は予定帝王切開で、同時に1度目のケロイドを綺麗に!

とりあえず、検診は・・
ひとり目を産んだ病院、総合病院に行く事にしました。

先生や看護婦さんが、まだ私の事を覚えていてくれて、うれしかったです。
逆に、それが恥ずかしかったりもしましたけど・・・

子供も一緒に連れて行っていたので、
「あの時、産まれた子かぁ・・」って、先生があやしてくれた。
子供は、人見知り真っ最中で、大泣きだったけど!

診察が終わり、妊娠確定!

今回の出産も、帝王切開を勧められた。
骨盤が狭いため、母子共の安全を考えてとのことらしい。

「出産予定日から2~3週間くらい前に、予定帝王切開を行いましょう!」
先生は、はりきり気味だった。

先生、わたし、ここで産むってまだ決めてないんですけどぉ・・・

でもその時、決めました。
今回も、この先生にお願いしよう!
上の子も、下の子も、信頼できるこの先生にとりあげてもらうなんて、
何て、素敵なことなんでしょう!

帝王切開後のケロイド 看護婦さんもとても、信頼できます。
あ~華やかな個人病院の夢、また破れたる・・・

先生は、私のお腹の傷跡を診ると
「少しケロイド状になっているね。
今度は、この部分をきれいに削りとって、
きれ~いに縫うからね。」と言ってくれた。
うれしいけど、怖いよ~!

定期検診で希望していた女の子と判明

検診に行くたびに、長男も看護婦さんに懐くようになり、
とても可愛がられていた。

「今度は、女の子がいいいな♪」
ある日、ふと思った。
健康なら、どちらでもいい。とか言っていたくせに、
だんだんと欲がでてくる。

長男の時は、たしか、妊娠5ヶ月の検診(戌の日)で性別がわかったけ~
今回も、5ヶ月の検診日は、わくわくした。
が、残念。性別まだ わからず・・・
ひょっとして、先生はわかっているけれど、教えてくれないとか~
そういえば、どっちが希望か聞かれたっけ。

妊娠6ヶ月!ふたりめって、不思議。
もうお腹が目立ってきて、どっからどう見ても妊婦だ。

長男くんが、ちょろちょろ動くのをお腹を突き出して、追いかける。
ひとり目妊娠の時は、走ることなどなかったのに・・・

内科で順番待ちしている、おばあちゃんの前を
頭を下げながら走り、やっと捕まえた。
捕まえた途端、大泣きだ。
ジタバタする息子をひょいっと抱え上げ、トントンあやしながら婦人科へ急ぐ。

イライラしていて、ひとりで居たい気分だった。
待合室では、ゆっくり雑誌を読みたいし、廊下は自分のペースで歩きたい。
大きなカバンに子供用のオムツ。お菓子、おもちゃ。
もう、いやだ!婦人科の椅子で半泣きだった。

その日の検診で、「女の子」と判明した。
「ホンとうですか?うれしい~」テンションの上がった私。
いつもより丁寧に、頭を下げて診察室を出た。
そして、息子にも優しくなれ、その日の帰り道が違って見えた。

スポンサードリンク

 

< 帝王切開後の二人目の妊娠 予定帝王切開 >

出産準備アイテムリスト

[ 帝王切開のトップへ ]