トップ >  二人目の帝王切開

予定帝王切開

2回目の予定帝王切開前日

昼過ぎ、かわいい息子(長男くん)とお別れ。
「今度、会う時はお兄ちゃんだね」っと声をかけたけど
本人は、何のこっちゃあ、わかってない。と思う。

剃毛して、最後の入浴。
何日か洗髪できないからね~・・ シャンプーは、2回した。

採血・胎児心拍モニター・手術の説明
いよいよ実感がでてくる。

21時以降、絶食。
この時点で既に、空腹・・・

入院で長男と初めて離れる夜

姫に会えるとゆう喜びよりも、
長男と初めて離れる初めての夜という寂しさから涙が込み上げてきます。

大丈夫かしら?ママがいなくても眠れるのかしら?
夜泣きして、「ママ~ママ~」って言ったら、
何て言って落ち着かせるんだろう・・

そんなことばかり、考えていた。

昼間はおばあちゃんが看てくれるとのこと。
夜は、パパがなるべく早く帰り、お風呂や寝かしつけ係。

心配はないけれど、やはり気になる。
こんなに小さい子を(1才8ヶ月)
お兄ちゃんにしてしまう、とゆう罪悪感も少しある。

姫ができても、きちんと可愛がろう。今まで以上に愛してあげよう!
そう誓った夜でした。

今の時代、メールとゆう便利なものがあるおかげで、
長男の情報は、常に手に入る。

「只今、食事終了!」と長男の元気な顔写真付きで
パパからメールが届く。
まずまずだね。

またまたメール。
「風呂から出て、もう爆睡!」と眠った写真が届いた。
な~んだ。グズルことなく、もう寝たの?
落ち着いた気持ちの中、少しがっかりもした。

コテッと眠れるように、昼間おばあちゃんがたくさん遊んでくれたんでしょう。
そう考えると、頭が上がりません。

友人からも、励ましメールがたくさん届く。
手術を控えてナーバスになっているせいか、胸が熱くなる。
色んな人の力を借り、私は、明日出産します。

2度目の予定帝王切開手術当日

【術前】

絶飲食。
浣腸をするけど、何も出らず・・・

血液バンドを腕に付け、点滴開始。
尿の管を入れられ、看護婦さんが呼びにくるまで、ベッドで安静に。

旦那と、赤ちゃんの名前の最終チェック!
候補は何個かあるけれど、顔を見て、決めるそう。
(命名はパパにお任せなのだ)

【予定帝王切開の術後】

ベット上で安静に!
点滴は、したまま。抗生物質の注射をします。
術後、肺寒栓の予防のため、フットポンプとゆうのを足につけられる。
長男出産のときは、こんなのなかったぞ・・・
音が気になり、なかなか眠れない。

うとうとと、少し眠れたかと思えば、
2時間おきに看護婦さんがやってくる。
血圧、脈のチェック、お産パットの交換。
何より鎮痛剤の投入。
それでも効かない場合は、痛み止めの座薬。

【予定帝王切開の術後1日目】

朝から飲み物可。
ありがとうございます!っとお礼を言いたくなったくらい、待ちに待った飲み物。
めちゃくちゃ、のどが乾いていたけど、私も素人ではない。
少~しずつ、少~しずつ飲んだ。

フットポンプ終了。足が軽くなる。
ベット上で、座位訓練。
看護婦さんが、赤ちゃん連れてきてくれ、座ったまま抱く。
抱くというより、足の上に乗せた。と言ったほうがいいかも・・・
乳頭刺激開始。

【予定帝王切開の術後2日目】

食事といっても重湯からおかゆだが、ありがたや~ありがたや~
1滴残らず、すする感じ。
尿の管が外され、歩行開始。
廊下で、自然分娩1日目のひとに追い越される。
くそーっと思うが、そこは我慢。

【予定帝王切開の術後3~5日目】

点滴が外される。
食事は普通食に。
シャワー&洗髪ができる。
授乳室で授乳開始。
おなかの傷口がきれいならば、糸やホッチキスが外される。
歩行が、ぐんとラクに!

【予定帝王切開の術後6日~退院まで】

自然分娩のひとと変わらない生活に。
授乳室に行く時、早足で追い越すことも可能に。
内診・採血・検尿・傷の状態など、異常がなければ退院に。

スポンサードリンク

 

< 1回目の帝王切開の傷跡がケロイド 帝王切開手術の傷跡は誇り >

出産準備アイテムリスト

[ 帝王切開のトップへ ]