トップ >  不安だらけの帝王切開手術

帝王切開手術前夜の質問集

不安いっぱいの前日

帝王切開手術の前日 ミズは、とても不思議な気持ちでした。

明日は、手術の日。
そう、待ちに待ったわが子に会える日。

普通分娩なら、突然陣痛が始まり、
人によって、どれくらい陣痛が続くか分からないから、
生まれる時間帯も予測できない。

でも、ミズは帝王切開
逆子が直らなかったことと、骨盤が狭い理由で、
帝王切開という選択肢をとるしかなかった。

明日の朝7:00に手術室に入って、
8時までには赤ちゃんが生まれている。
赤ちゃんが誕生する時間が分かるなんて、
本当に不思議…。

手術の当日

朝、入院するための荷物を持ち、
実家に向かいました。
上の子(キー坊)を預けるために。

今は、手術以上に、キー坊を預けることの方が、
よっぽど心配。
何せ、初めてのお泊り。

パパもママもいなくて、ちゃんと寝られるかなぁ。
夜中に泣き出したりしないかなぁ。
キー坊はまだ1歳9ヶ月。

意思も出てきて、ママがいないことが分かると…。
そう考えただけで不安になりました。

心配をしながら、
実家の母にキー坊を預け、ミズは産婦人科に向かいました。

さすがに、一人ぼっちは不安なので、
妹に送ってもらい、夜面会時間ぎりぎりまで
ついていてもらうことになりました。

初めは、キー坊が心配でしたが、
病院が近づくにつれて、緊張が高まってきました。

帝王切開は初めて。
おなかを切られる恐怖心。
「手術」という言葉は、私にとって、重みがあった。

無事に赤ちゃんが生まれてくれるのか、
心配で仕方ありませんでした。

病院につき、
これから、明日の手術に向け、
色々と準備が始まりました…。

帝王切開の手術前に行うこと

分娩室に呼ばれ、何をやられるのかと思いきや、
入院着に着替え、早速、剃毛…。

その後、
部屋に案内されました。

明日からしばらくお風呂に入れないから、
シャワーを浴びて、さっぱりしました!

お昼からは食べ物を摂ってはいけないということだったので、
飲み物で空腹を満たしました。

夜までは、ゆっくり過ごすことができ、
漫画をよんだり、妹とおしゃべりしたり、
落ち着いた時間が流れました。

全身麻酔か部分麻酔か?

帝王切開に関する質問 面会時間が終わり、
夜、看護師さんが入ってきて、
明日の帝王切開手術の流れを説明してくれた。

普通、帝王切開は部分麻酔だと良く聞くけど、
ミズが通っていた産婦人科は、なぜか全身麻酔でした。

それがいいのか悪いのかは分かりませんが、
ミズにとっては、意識がしっかりしていて、
器具の音とか聞こえると怖くなるので、
全身麻酔がいいかも…なんて思っていました。

「何か、心配なこととかありますか?」
と看護師さんに聞かれ、
ミズは、不安な思いを打ち消すため、
たくさん質問してしまいました(笑)

「麻酔のときの注射はすごく痛いんですか?」
「麻酔が途中で切れてしまうことはあるんですか?」
「赤ちゃんの声は聞こえますか?」
「麻酔が切れてきたら、かなり痛いですか?」
「尿カテーテルはいつ入れるのですか?」

他にもいろんな質問をしました。
幸い、優しい看護師さんで、すべて丁寧に答えてくれました。

麻酔で、意識が完全になくなる人もいれば、
そうでない人もいるらしい。

だから、初めての赤ちゃんの産声も聞ける人もいれば、
聞けない人もいると言っていました。
聞けるといいんだけど…。

結局、不安がまったくなくなることはなく、
あまり眠れないまま、朝を迎えました。

スポンサードリンク

 

帝王切開手術中に見た夢 >

出産準備アイテムリスト

[ 帝王切開のトップへ ]