トップ >  妊娠にいたるまで

葉酸は妊娠初期に必須の栄養素

妊娠を望むなら食事にも気を付けて!

子供を出産するための身体作りとして、バランスの良い食事をしましょう。
とよく言われますが、毎日気を使って食べるのは、まず無理ですよね。

しかも妊娠前の、母としての自覚も芽生え切れていない段階ではなおさら難しいです。

1日30品目?って、数えて食べても美味しくないし・・
頭ではわかっていても、付き合いや手軽さで
ついついファーストフードやスナック菓子に手が伸びてしまいます。

そんな時、私は最低限のこととして葉酸を取り入れることを心掛けていました。

最近のブームはやっぱり「葉酸」

葉酸は青汁で! 「葉酸」を多く含む食材は、
ほうれん草・ブロッコリー・みかん・・・・などがありますが、
一番効率よく葉酸を摂取するためには青汁がおすすめです。

妊娠初期に「葉酸」が不足すると、胎児に障害が起こりやすくなるそうです。

しかも葉酸が最も必要な時期というのは、まさに妊娠するタイミングと言われています。

ですから、妊娠に気づいてからだと、既に1ヵ月が経過していますから、
摂り始めるのが少し遅いということになってしまいます。

それでも、遅すぎるということではなく、気がついてから摂取した方が良いそうです。

ですが、どうせ後から摂取を始めるなら、妊娠するという計画を立て始めた時に、
同時に青汁を飲んで準備を始めるのが最も良いタイミングだと思います。

青汁には、各種ビタミンやミネラルが豊富に含まれているので、
日頃の野菜不足の解消も手伝ってくれます。本当に便利の飲み物ですよね。

子沢山なイメージの食材

早く妊娠を望むなら、子沢山なイメージがあるものを食べるのも良いそうです。
ししゃも、しらす、桜エビ、たらこ・・・

特にお正月に出てくる「数の子」も最高の食材の一つなのだそうです。

また、「子孫繁栄」を意味する「里いも」も見逃せません。
中心となる「親いも」の周りに「子いも」が育ち、その「子いも」の周りに「孫いも」が育ちます。
まさにおめでたい食材ですよね。

意識して取り入れてみるのは、いかがでしょうか?

スポンサードリンク

 

< 妊娠しやすい体重・色(カラー)・グッズ

出産準備アイテムリスト

[ 帝王切開のトップへ ]