トップ >  帝王切開って楽じゃない!

術後2日目トイレへの旅

腹筋を使えない生活の痛さ!

帝王切開手術後の痛さ 今日は朝から痛い痛い!
パパはりんとおばあちゃんと一緒にやって来て、
一緒に帰ってしまった。
お昼から仕事に行くらしい・・・。

取りあえず昼食は手伝ってもらって食べる事が出来た。
なんだか久しぶりの食事のような気がする・・・。

午後からは叔母が見舞いに来てくれたので、
夕食までいてもらって助かった。

この病院は食事が豪華で美味しくて有名である。
私はまだ術後用の食事で、なんだか損をした気分だ。

それにしても腹筋が使えないって、こんなに困るとは・・・。
痛みもちっとも取れないし辛すぎる・・・。

下半身がまったく動かないので寝返りすら出来ず、
パジャマのしわが痛かったり腰に激痛がおこったりして、
かなりイライラしてしまう。

パジャマのしわが痛いの意味

パジャマのしわが痛い?
そういえば昔、入院していたおばあちゃんが言っていた
どういうことなのか、まったく意味が分かってなかったけど、
今なら、ものすごく分かる。

やはり、なったものにしか分からない事って
いっぱいあるよなぁ~。

食事も食べれるようにはなってきたけど、
消化する腸の動きが響いて、またまた痛い!
へんな話、オナラをするのも我慢するのも、ちょ~痛い!

長い陣痛の痛みに比べたら
帝王切開は痛みがないから楽かもしれない。

でも産んでからは絶対、普通分娩の方が楽である。
だって、病人じゃないんだもん。
今の私は完全に病人だ!

帝王切開術後2日目

2日目・・・
まだ動けそうにもないのに尿管がとれる。
入れる時も痛かったけど、とる時もやっぱり痛かった。

帝王切開手術後の痛さ シーツ交換に看護婦さんがやってきた。
一人で動けないので脇を抱えてソファーに移動させてくれた。

ぼーと見ていると、交換がおわり看護婦さんは
慌しく出て行った・・・。

ちっとも戻って来ない・・・。

動けないから誰かが必要なのにナースコールから
随分引き離されて放置されてしまった・・・。

ひょえ~である。

トイレする時も痛いのです。

仕方がないので私は向かいのベッドに移動する旅にでた。
決して大げさではない!

まずは、このソファーがふかふかな事をうらんだ。
腹筋が使えないから立てないのである!

腕の力を頼りになんとか頑張り、
それから少~しずつ、少~しずつ、つたい歩きをして
目的地途中で携帯を手にすることが出来た。

ラッキー☆
急いでパパに電話をした・・・。
つながらない!取りあえずメールをしておこう。

ラッキーは一瞬だけであった。
っていうか別にラッキーでも何でもなかった!

地道にゆっくり動きながらパパを待ってみた。
枕もとのナースコールを押すまでに30分以上かかっていた。

それから何もなかったかのように看護婦さんは
トイレに連れていってくれた。

自分で出来るようになったとはいえ、
トイレをするのが、またもや痛い!

そういえば、結局パパは来てくれなかった。
返事くらいすべきだろうに、それもない。

気がついてないのかも知れないが、
肝心な時に、なんて役に立たない人だろう・・・。

スポンサードリンク

 

< 無事終了、でも術後は動けない! 母子同室 >

出産準備アイテムリスト

[ 帝王切開のトップへ ]