トップ >  帝王切開って楽じゃない!

母子同室

帝王切開手術後でも、すぐに母子同室

母子同室 翌日、ようやく動けるようになってきた。
シャワーも浴びれるようになりなり、すっきりだ。

お腹の傷は、まだしっかり覆われていて
どんな風になっているのか分からない。

今日はたくさんの人が見舞いにも来てくれ
気分はますます晴れてきた。
わが子誕生エピソードをしまくりである!

見舞いに来たアコが、
「今日から母子同室って~信じられへん。」と言う。

彼女も帝王切開での出産だったけど、
アコの病院は3日間24H付き添いが必要で1週間はお風呂もむりで、
2週間も入院だったそうだ。

意外とがんばっていた私

身体が動かない自分を情けなく思い
かなりムリをしていたけど、結構頑張ってたんだ私・・・。

それなのに、なにげに
「人間、気合や!」と言うパパが今になって
やたらムカついて来た!!

とはいえ、調子にのったせいで、夜になると、また熱が出た。
(実は昨日も38度をこえ寒気がしてきたので薬をもらって8時には寝た。)

冷房のせいか咳もよく出て、またお腹に響くから
涙がボロボロ出てきてしまう。

ボーと天井を見上げながら頭に手を乗せた。
腕の内出血の真紫も、まだ治らない・・・。

結局、母子同室とはいえ熱のせいもあるけど
ベビーとは少ししか一緒に過ごさなかった。
こんな、ママでごめんね・・・。
なんだか、もの凄く寂しく眠りについた。

お腹が痛くておっぱいをあげるのも苦痛

授乳時に腹部が痛い 熱も下がり朝からベビーと過ごせるようになりました。

授乳の体勢が悪いせいなのか腹部の痛みに
何度も襲われるのでおっぱいをあげるのが苦痛だ。

ベビーも全然泣かなくって無理矢理起こしてもギャーともいわない!
飲ませるも、やる気もまったくナシだ!
私のおっぱいは張ってきまくりなのに~!

よく吐くらしく、りんと同じタイプなのかも・・・。
でも、りんはよく泣きよく飲んでくれたのに・・。

体重も減ってるし(産まれた時より皆減るのは知ってるけど)
頑張って欲しいと願うばかりだ。

やっぱり生死をさまよって出てきた分、
まだ力もないんだろうか・・・。

命名してあげなきゃ!

ガンバレ~息子~・・・。
そういえば、そろそろ名前を決めてあげなければ・・・。

女の子だったらママが・・・りんは私が命名した。
男の子だったらパパが・・・今回はパパの番だ。

名前辞典を片手に毎日何やらメモは持ってきていたけど
日本男児らしく、インパクトのある名前に・・・
そういって日々悩んでおられる。

そしてベビーは、弱々し~く産まれたにもかかわらず
力丸という、なんとも強そうな名前になったのだ。

神様、どうかベビーが名前負けしませんように・・・。

弟ができた長女

長女のお見舞い 長女のりんが遊びにやってきた。

昨日までは弱っていた母を見るのがイヤだったのか、
来てもすぐ帰られちゃっていたけど、
今日はのりのりハイテンションである。

弟になった力丸におっぱいをあげるところをジーとみていたので、
やきもちを妬くかな~と思ったけど、
「おっぱい、のんでね。」だの「あくしゅ、あくしゅ。」
と言って世話をやきたがってくれた。

赤ちゃんを見て「かわいいね~とか小さいね~。」
というのが一般的だが
りんは、ひたすら「かっこいいねえ~、かっこいいねえ~。」
と言っていた。
どこらへんがかっこいいんだか・・・・。

たくましく育ってきた長女

今日はなかなか帰りたがらず私にべったりだ。

嬉しいな~と思いきや、
お見舞いのお菓子を狙っていた様子。

「持って帰って食べてもいいよ。」というと
さっと持ち去り「ママ、バイバイ。」と言われてしまった。

あんなにママがいないと眠れなかった子が・・・・

いつもママの手を握って眠るりんは、
入院初日はおばあちゃんの手じゃ駄目、パパも駄目と
一人すねて泣き寝入りをしたらしい。

それを聞いて胸が痛かったけど・・・。

理由がお菓子ではあるが、随分お姉ちゃんになったもんだ!
夜もおしゃぶりだけで眠れているそうだ。

スポンサードリンク

 

< 術後2日目トイレへの旅

出産準備アイテムリスト

[ 帝王切開のトップへ ]