トップ >  妊娠の兆候

妊娠時の基礎体温

基礎体温の変化に気付こう!

妊娠時には基礎体温に、それまでと違った変化が見られます。
基礎体温計を使って、毎日体温を測り、
基礎体温表を作っても良いかもしれませんね。

基礎体温の周期

月経から排卵日までは、

「低温期 、高温期 、その後再び低温期になって、月経が始まる」
とゆうのが通常パターンです。

それが、妊娠すると体温は下がりません。
ずっと高温を保ちます。

高温期が、3週間以上続くようなら(通常2週間)
妊娠していると考えていいようです。

高温期が続く理由

高温期が続くのは、黄体ホルモンの働きによるものです。

子宮内膜を厚く、やわらかくして、
受精卵の着床を助けるために、黄体ホルモンは分泌し続けます。

この黄体ホルモンには、体温を上げる作用があるようです。

だから、初期の頃は、微熱が続くんですね。

風邪っぽいわっと、薬を飲む前に
いちど妊娠を意識した方がいいと思います。

妊娠だとわかった瞬間に、あれをした、これをしたっと心配で心配で
仕方なく、医師に質問攻めをした人を私は知っています。

その他のいろいろな症状

妊娠すると、女性の身体にはいろいろな症状が出始めますよね。

その変化は、まだ見えぬ(形にもなってない)お腹の赤ちゃんが、
「ここにいるよ~」ってうったえているような気がします。

特に初めての妊娠なら、情緒不安定になりがちです。

怒りっぽくなったり、泣きっぽくなったり、
ほんの些細な事で悩んで落ち込んだりしてしまいます・・・

そんな時、家族だけではなく、友人や出産経験者の人に
そっと 気持ちを打明けてみてはどうでしょうか?

私はちょうど、親しい友人と妊娠時期が重なり
お互いに励まし合いながら、毎日を過ごしました。

寝ても寝ても眠いのも妊娠の症状?

妊婦は眠い 人それぞれ、妊娠した時の症状は異なりますが、とにかく体がだるくて
寝ても寝ても眠い!という時がありました。

寝不足ではないのに、眠くて眠くて・・・
毎日、ゴロゴロしておりました。

あと、お腹が張って、赤ちゃんがもう大きくなったかのように
少し苦しさもありました。

赤ちゃん、まだ2~3gよ!友人に笑われました。

スポンサードリンク

 

< 生理がこない 産婦人科の選び方 >

出産準備アイテムリスト

[ 帝王切開のトップへ ]