トップ >  VBAC(帝王切開後の普通分娩)

VBACでの分娩開始!

VBACの分娩が開始です。

分娩台へ上がって、血圧計をつけて、点滴を打って
(何の点滴だったんだろうか)、VBACの分娩開始

陣痛と共に息を吐きながら力を集中。
この痛さときたら例えようがないですね。

普通分娩の痛さ まるが聞いたことがあるのは、
男性がお尻からグレープフルーツを入れる痛さ、とか、
男性が上くちびるを頭にかぶる痛さ、とか(笑)
とにかくありえない痛さだってことですよね。

幸いなことにお産は順調に進み、猛烈な痛さでは
あったけど、頭が出てきました。
ベビーの頭が見えてなんか不思議な感じがしました。

午前7時。ベビーが全身出てきて、へその緒が
繋がったままで胸に抱っこさせてくれました。
それからパパがへその緒を切りました。

帝王切開のときは産まれたてのベビーをだっこ
なんてできないので、すごく嬉しかったですね。

心配だった子宮破裂は?

子宮破裂もなく無事にVBACを達成することができました。
先生や看護士さんやパパの「おめでとう」の言葉が
すごく胸に沁みました。

無事でよかった、無事でよかった。
心配してくれていた皆に早く知らせたい!と思いました。

帝王切開か普通分娩か?

帝王切開と普通分娩のメリット・デメリット 帝王切開と普通分娩の両方を経験しました。

よく「どっちが楽?」「どっちが痛い?」
と聞かれます。

どちらも楽じゃないし、どっちも痛い。
どちらにもメリットとデメリットってあるんじゃないかな。

まるが考える「帝王切開」
いいと思うところは、計画的、保険、局部を切らない、
産院でのんびりできる。

いやなところは、麻酔、手術、傷跡、産後の肥立ちが悪い。

普通分娩のメリットデメリット

まるが考える「普通分娩」
いいと思うところは、自然、前向き、お腹切らない、
産後の肥立ちがいい。産みの痛みを味わえる。
いやなところは、局部を切る。くらいかな。

これはやっぱり個人差でしょ。あんまり比べても
しょうがないかもね。

産後の肥立ち(体重減)はすごく違いがありましたよ。

帝切のときは全然体重が戻らなかったんです。
術前と術後歩けるようになってから計ったんだけど、
1kgしか減ってなくて、退院しても「自然と体重が
落ちる」ということは無かったんです。

今回の普通分娩では、ガクガクガクッと体重が
減りました。産後1ヶ月でほぼ妊娠前の体重でした。
半年後ではマイナス3kg、それを維持しています。

これも個人差ですけどね。

VBAC成功したから、こうやって楽しくお話しできます
が、成功しなかった人も中にはいます。
自分の幸運と神様(何教でもありませんが)に感謝です。

スポンサードリンク

 

< 満月の日に陣痛が多いのは迷信?

出産準備アイテムリスト

[ 帝王切開のトップへ ]