兄弟そろって小児喘息にかかってしまいました。

私の息子は二人とも小児喘息と診断されました。
特に上の息子は特に症状がひどかったんです。

そこでこの度私と息子の体験記を書かせていただき、
この体験を皆さんに読んでいただき、
少しでも何かの役に立ったり元気付けられればいいなと思います。

子どもが「ぜんそく」と診断されたとき、
親は正直ショックだと思います。

長い長い期間この小児喘息という病気と付き合っていかなければならない。
子どもにも親にも家計にも負担がかかります。

時には投げ出したいときもあるかもしれない、
時には途方にくれるときもあるかもしれない、

けれど小児喘息は必ず良くなります!!
少しずつだけど大きくなるにつれて良くなります!!

今は薬も昔に比べ新しいものや便利なものも出ており、
副作用も最小限に抑えることができる薬も出ています。

発作の期間は少し辛い時期もあるかもしれないけれど、
きっと先で笑える時がきますから、
それを信じて歩いていきましょう♪

 

体験談

【部屋をキレイにしてあげること】
娘は幼い時に2,3回入院をしました。気管支炎や喘息で2回ほどです。原因ははっきりわかりませんが、部屋をきれいにすること、家でたばこは吸わないこと風邪をこじらせないことが一番効くと言われました。

2月の夜中が一番発作が多く、夜中に何回か救急へ車で走ったかわからないほどでした。両親とも熟睡できないことが何日も続いたほどでした。下に兄弟も何人かいたので、入院となった時には、病院に泊まってあげることができず、お互いの両親の家が近かったこともあり、交代で寝泊まりしてもらったりしました。

薬は「フルタイト」や「アドエア」などの吸入の薬などその時の症状に合わせて処方してもらっています。うちの場合は、季節の変わり目に多く悪くなることがあり、小学生になった時には水泳も知人からいいといわれ2、3年通わせたりしました。

もうすぐ中学生になりますが、今でも2,3か月には一度通院しています。今のところ昔のような発作がなく落ち着いた状態にいます。冬は乾燥の季節なので、空気清浄器を使用したり、濡れたバスタオルなどを部屋に干したりしています。除湿機はかえってよくないとお医者さんにいわれたので買っていません。空気清浄器もこまめに掃除をすることが一番いいようです。

お部屋を清潔にすること布団もマメに干すことが一番大事なことだと思います。


【スイミングで良くなりました】
9歳、7歳、5歳、0歳の子供がいます。上3人は、だいた1歳くらいから喘息が出始めました。風邪かな?と思っていたら、咳が出だし止まらなくなります。だいたい、雨や台風や季節の変わり目に喘息が出ます。

今では、慣れて焦る事もなくなりましたが、最初の方はどうしていいか分からず救急でよく病院へ行っていました。上の子が3歳の時に、吸入器(ネブライザー)を購入し、自宅で発作が出ても、落ち着いて対処出来るようになりました。

それでも、喘息の発作が重度の場合は病院へ行き、ネブライザーをし、薬を貰っていました。上の子が5歳の時に、3人をスイミングへ連れて行きました。

それから、少しずつですが喘息の発作もマシになってきました。今では、殆ど発作は出なくなりました。


【ウイルス性の喘息】
うちには、現在満2歳になる男の子の双子がいます。生後3ヶ月の時に高熱が出て咳き込みと息苦しさで初めて夜間救急にかかりました。救急で吸入を行い息苦しさの症状は落ち着きました。

そのときは双子の弟の方だけでしたが、2日後、全く同じ息苦しさの症状で双子の兄の方も受診し同じ処置を受けました。そもそも小児喘息の診断をつけるのは正直難しいらしく2歳以下の子には診断名はつきづらいとのことでしたが、一回目の救急以降も定期的に苦しくなりがの処置と投薬を続けています。

かかりつけ医の話では、ハウスダストなどの刺激ではなく風邪などのウイルスが身体に入ることによって発症するタイプの喘息のため、身体が風邪ウイルスに強くなってくれば自然と症状の出る回数も減り落ち着くでしょうということでした。

実際、3ヶ月に1度双子で毎回全く同じ症状とタイミングで風邪をひいてはゼーゼーしており入院を繰り返していたのが今現在最後の退院から6ヶ月経とうとしており免疫力をつけて少しづつ強くなっていることが実感できています。

まだしばらくは毎日の投薬と吸入は続きそうですが、少しでも症状がでなくなるよう願い過ごしてます。