トップ >  初めて耳にする小児喘息

軽く思っていた小児喘息

かかりつけの病院へ

次の日かかりつけの病院に行き事情を説明しました。
「あ~発作が出たんだね」と言われ胸の音を聞いて、
「少しいいみたいだね。」と言われいつもの薬を頂き吸入をして帰る、
こんな状態が冬の季節何度も繰り返された。

風邪が引き金

子供の風邪 うちの子の場合は風邪を引くと
小児喘息の発作へと繋がっていく傾向があり、
風邪が流行る季節はとても神経質になっていました。

最初はとにかく冬の間は外になるべく出ずに、
家の中で過ごし部屋の中は暖かくして過ごしていましたが、
今思えばそれもあまり良くなかったのかなと思ったりもします。

真冬は寒くて換気で窓を開けても5~6分だから、
あまり意味がないしかえって部屋の中は乾燥して喉にもよくないですよね。

外にあまり出なければ皮膚も弱くなるし抵抗力も低くなる。
あの時は初めてのことで神経質になりすぎていたと思います。

引越し

当初私たち家族は私の父の会社の一部屋を借りて生活をしていました。
会社といっても当時はテナントではなく普通のマンションの賃貸に住んでいました。
しかし子供も少し大きくなっていき様々な理由で急遽引越しをすることに。

突然の引越しだったので急いで家を探し適当に決めたのですが、
やはり焦りは禁物ですよね・・入った後に気づいたのが、
引越し先の周りは交通量の多い道路の傍。

あちゃ~と思ったのですがまさか息子のこの病気が長く続くとは思わず、
冬の間だけだと勝手な自己判断をしてたのであまり気にせずにいたんです。
この「小児喘息」という病気の本当の辛さや怖さを知る由もなく・・・

スポンサードリンク

 

< 喘息様気管支炎とは? 予防治療とは? >

[ 小児 気管支 喘息のトップへ ]