トップ >  初めて耳にする小児喘息

予防治療とは?

再発

引越しも落ち着き春になると息子の小児喘息もでなくなり、
私自身「あ~もう治ったんだな」と思い込んでいた矢先、
ある朝息子の様子が何かおかしい・・。

熱を測ると38度出ており咳も出ている。
まさか・・と思いかかりつけに連絡をしたが先生が今不在ということで、
近所の人に小児科がないか聞いたところ、
近くにあったのでそちらに行き診察をしてもらうと、
「お母さん発作が出てるね」と言われ、すぐに吸入。
「あ~治ってなかったんだ・・」あの時のショックさは今でも覚えてます。

検査の結果

そこの小児科の先生はアトピーや小児喘息の専門医ということでした。
そこで小児喘息の症状や治療方法などを聞き、
この病院で小児喘息の治療をスタートしました。

一番最初にアレルギー検査を行い血液を少し採り、
後日その結果が分かるということでその日は薬をもらい帰宅。
数日後検査の結果で出てアレルギー物質は「ダニ」と言われました。

私はてっきり風邪と思っていたので正直「はっ!?」と思いましたが
検査の結果だからそうなんだなと納得し、
先生からダニに関しての説明などを受け、
「予防治療」という方法でやっていくことにした。

予防治療

吸入器 「予防治療」とは、毎日の小児喘息の発作を
薬や吸入などで予防をしていくというもの。

毎日の予防治療をしていくと、
例え発作が出てもひどい発作になりにくいということらしい。
その際に先生から家でできる吸入器の購入を勧められました。

毎日毎日病院に来て吸入する必要もないし、
軽い発作程度なら家での吸入でおさまる可能性もあるからと言われ、
それだったらと先生に吸入器の金額を聞くと、なんと45000円!!

しかも一括払いだったので家に帰り主人と話し合った結果、
やはり吸入器があったほうがいいだろうということで吸入器を購入。

それから長い小児喘息の発作と予防治療が始まったんです。

スポンサードリンク

 

< 軽く思っていた小児喘息 喘息の参考書 >

[ 小児 気管支 喘息のトップへ ]