トップ >  仕事と家事と育児の狭間で

喘息にかかるお金の問題

精神不安定?!

小児喘息にかかる費用 私の中で何もかもが限界状態の中、
いつもように上の息子が発作を起こした。

その日は一日朝から上の息子の調子が悪くグズグズ状態。

朝から病院に行き長い待ち時間の中、
下の息子を抱えてあやしながら診察を受け家に帰ったが、
上の息子の状態は少しずつ悪くなっていく。

吸入をしながら嫌がる息子に薬を飲ませて、
下の息子のミルクに空いてる時間は家事をする。

イライラもだんだん募っていき言うことを聞かない息子に大きな声で叱ってしまう。
するとさらに大泣きするという悪循環・・。

病気の息子を叱ってしまったという罪悪感で自分を責める。
もう嫌だ!!と次から次へと涙があふれてくるんです。

親子3人で泣いた時もありました。

通院入院費用にお金がかかる現実

そして1番大変なことはやはり通院入院費用なんです。

小児喘息の薬は普通より少し高めになるため、
吸入液にテオドールなどの毎日の薬、
それに発作などが加わったら薬が増え費用もかさむ。

月に1~2回薬を頂きに行くんですが薬だけ貰うこともできず、
診察も必ず受けるので診察代もかかってしまう。

おまけに夜中に救急病院に行けばその分お金もかかり、
入院すれば1回に4~5万円はかかるのでトータルしたら、
1ヶ月に上の息子だけで2万くらいかかってしまう時もある。

入院したら入院代が加算されるからかなり家計が苦しくなります。

そんなことも考えたら頭がパニックになってしまい、
自分自身いっぱいいっぱいでした。

そんな中求人広告に自分が希望していた条件にあった仕事が記載されていて、
私も少しでも家計の足しになるならと働くことを決意しました。

スポンサードリンク

 

< 育児の疲労とストレスの限界 職場の環境 >

[ 小児 気管支 喘息のトップへ ]