トップ >  仕事と家事と育児の狭間で

職場の環境

営業の仕事

私がパートで勤めていた会社は営業の仕事で、
私も生まれて始めての営業職で不安もありましたが、
主婦の方たちが多く私と同じ営業職初めての方ばかり。

気さくな上司に周りの同僚もいい方ばかりだったので、
職場環境には本当に恵まれたなと思いました。

上の息子の喘息の発作で

仕事を始めて数ヶ月たった頃に上の息子の小児喘息の発作が出たので、
ドキドキしながら朝上司に連絡を入れました。

1日くらいならいいのですが3日くらい休みを取らなければいけない状態だったので、
正直言いづらいのもあったし「明日から来なくてもいいよ」って言われるかもな、
と半ばあきらめ状態で勇気を出して受話器を取る。

上司の子供も小児喘息 「どうしたの~?」と明るい上司の声が聞こえ、
事情を話しすと「そっか。大丈夫なの?
大変だろうけど治るまで傍にいてあげて。」
と意外な言葉が返ってきて「はい。」と電話を切ったんですが、
その言葉がとても嬉しくて嬉しくて。

あとで聞いたら上司の娘さんも、
小さい頃は小児喘息がひどかったそうです。
だから気持ちが分かるって言ってくれたんです。

上司の方はとても子どもや奥さんを大事にする方なので、
子どもの病気の時は嫌ごと一つ言わず快く休みを下さる、
自分の子どものように心配してくださる心温かい方だったんです。

そん中私も安心して子どもの看病に専念できたのがとても嬉しかったです。

スポンサードリンク

 

< 喘息にかかるお金の問題 夜中に不満が爆発! >

[ 小児 気管支 喘息のトップへ ]