トップ >  仕事と家事と育児の狭間で

周囲のサポート

とても良くしてくれた上司や同僚

職場の人のサポート 私の発狂事件などもありましたけれど何とかやってこれたのも、
職場のサポートもあったと思います。

子どもの小児喘息で休みが続いても、
上司も同僚も励ましてくれて元気付けてくれて、
相談にも乗ってくれて、誰一人として責める人もおらず、
本当にありがたいことでした。

息子の小児喘息の発作で休みが何日も続くと、
上司が心配して「これ小児喘息にいいみたいだから」と、
ジュースなどをわざわざ自宅まで持ってきてくれたりして、
涙が出るくらい嬉しかったです。

同僚も心配してくれて電話をかけてきてくれたり、
「これ食べさせてあげて」と持ってきてくれたりして、
人の温かさや優しさがとても身にしみました。

辛くなくなりました!

職場の方々に、こんなに良くしていただき、
その間に、主人も少しずつだけど、
吸入を息子たちにしたり薬を飲ませたりしてくれるようになりました。

私自身も少しずつ余裕が出てきたのか、
あの頃あんなに限界がきていた家事や子どもの世話などが、
不思議と辛くなくなりテキパキとこなしていきました。

やはり人の温かさや優しさなどを感じると、
一人じゃないんだなって皆が傍にいるって思って、
自分にも余裕ができて強くなれると思います。

スポンサードリンク

 

< 夜中に不満が爆発!

[ 小児 気管支 喘息のトップへ ]