トップ >  小学校入学後の状況

インフルエンザと小児喘息の関係

小児喘息の発作は起こらなくなったが・・

4年生に1度小児喘息が出て以来それから卒業するまで、
小児喘息の発作を起こすことはなくなりました。

毎年、インフルエンザにかかる息子 風邪をひいても季節の変わり目のときも小児喘息は出ず、
毎日を元気に過ごしていました。

ただ小児喘息は出なくなったんですが、
今度は毎年冬時期に入ると必ずかかるんです。

それもあまりかかってほしくない病気、
そうです!!あの強敵!!インフルエンザです!!

インフルエンザの予防接種を受ければいいのですが、
副作用とかで心配もあり毎年の予防接種は受けていませんでした。

インフルエンザから小児喘息になることが多いのに

インフルエンザのウイルスはとても感染力が強く、
空気感染なのであっという間に広がっていきます。

咳や鼻水などが出てやっかいなのが数日続く高熱です。
特に小児喘息などの持病をもっている人には歓迎しないウイルス

インフルエンザから小児喘息の発作を起こしやすくなり、
処置が遅れると症状もひどくなるときがあるからです。

だからインフルエンザの時期は手洗いやうがいを徹底的にやっていたが、
なぜかうちの息子達は毎年インフルエンザにかかってしまう。

上の息子がインフルエンザになると下の息子がなっていき、
主人がまたうつってしまい、私以外は全滅状態です。

私の場合はなぜかインフルエンザにはかからないんですが、
それだけでも救いかもしれませんね。

インフルエンザはショックですがなぜか不思議と喘息が出ないんです。

どうして?もしかして完治?!なんて思ったりもしましたが、
未だにそれは分からずとりあえず小児喘息が出ないということは嬉しいことなので、
このままずっと小児喘息が出なければいいなと思っていました。

スポンサードリンク

 

< 発作の回数の変化 小学校を無事に卒業しました。 >

[ 小児 気管支 喘息のトップへ ]