トップ >  二人目の出産と小児喘息

2人目の小児喘息

予定より早めの退院

二人目の子どもは男の子で小さかったが健康でした。
二人を出産した頃、上の息子の発作は少し落ち着いていました。

通常出産して1週間弱は病院でゆっくりするのが普通なんですが、
上の息子の発作が落ち着いているとはいえ、
時期的にまだ寒く風邪やインフルエンザが流行している。

出産間近に主人が分かるように毎日の薬と吸入液のある場所、
吸入時間に薬の服用の時間など細かく書いて壁に貼っていたけど、
どうしても心配で心配で産婦人科の先生に相談し、
1週間の入院予定を4日で無理を言って退院したんです。

まさかの喘息・・

2人目の息子も小児喘息 それから毎日の予防治療に相変わらずの入退院の繰り返しの中、
下の息子が風邪をこじらせてしまった。

すぐに病院に連れて行くと「胸がゼコゼコ言ってるね」、
もしや?!と思い先生に恐る恐る聞くと「小児喘息だね。」「・・・。」
やはり下の息子も上の子同様、小児喘息だったんです。

考え方を変えてみよう!

当初はどうしてうちの子だけと嘆いていました。

だけど嘆いてもこの状態を変えることなどできないので、
せめて気持ちだけでも変えていこうと思うことにしたんです。

子供がアトピー性皮膚炎になってしまった母親は、
自分を責めたり、とても悩んでしまうことを私は知っています。

親のせいなのかわかりませんし、とにかく悩み過ぎは良くありません。

だから、うちの息子は2人とも小児喘息になりましたが、
そんなに悩んでいては、いけないな。と思いました。

そうやって、とにかく必ず治るとそれだけを信じて、
毎日二人の予防治療をやっていました。

スポンサードリンク

 

< 二人目の妊娠と出産 発作の症状と頻度の違い >

[ 小児 気管支 喘息のトップへ ]